健康診断・ワクチン接種

  • HOME>
  • 健康診断・ワクチン接種

健康診断・ワクチン接種

健康診断

定期的な健診が予防の第一歩
定期的な健診が予防の第一歩

大事な我が子であるペットに、いつまでも健康でいてほしい。
これは飼い主様全員の願いであり、動物の健康を守る私たち動物病院の目指すところでもあります。
ですが、一方で生活環境の変化や、獣医学の進歩などにより、動物たちの寿命は以前よりも延びており、腫瘍などの高齢性疾患は増加傾向にあります。

そうした重大な病気から動物を守るためには、定期的な健康診断の受診が欠かせません。
ファミー動物病院では血液検査や尿・便検査などの一般的な検査のほか、レントゲン検査やエコー検査などを実施して、ペットの病気の予防・早期発見をサポートしております。
是非、大切な家族の末永い健康のために、当院の健康診断をご活用ください。

動物の“声”をキャッチするために

大切な家族を病気から守るには、毎日の観察・チェックが大事です。
ですが、病気の種類によっては外見だけでは気づけないこともあり、症状に気づいて「おかしいな?」と気づいた時にはすでに病気が進行してしまっている場合があります。

そうしたことを防ぐためにも、年に1回などの定期的な健康診断の受診は欠かせません。
個体によっても違いはありますが、一般的に5歳以上の犬・猫には年1回の健診の受診をおすすめしております。
動物は言葉を使って飼い主様に異常を伝えることができません。
ですが、定期的に健診を受けることで、言葉にならないその“声”がキャッチできるようになります。

健康診断の内容
一般身体検査

聴診、触診、眼、耳、口腔内のチェック、体重測定、体温測定など

血液検査

動物から採取した血液から全身の健康状態を確認します。
健康診断のベースとなる大切な検査です。

尿検査

血液だけでなく、尿も動物の健康状態を調べたり、病気の有無などを確認したりするうえで大事な情報源となります。
血液検査と併せて行うことで、膀胱や腎臓などの泌尿器系の病気を調べることができます。

便検査

採取した便を調べることで寄生虫の有無などを確認することができます。
ご自宅で便を採取するのが難しい場合は、事前にご相談ください。

レントゲン検査

胸・腹部のレントゲン写真を撮影して、体内の臓器に異常がないか確認します。

エコー検査

肝臓や腎臓などの腹部臓器や心臓の状態を確認して、体内に異常が生じていないか調べます。
基本的にエコー検査は動物への負担が少なく、怖がりな子でなければ麻酔も必要ありませんが、必要に応じて観察部位の毛を刈る場合があります。

ワクチン接種

犬のワクチン接種
混合ワクチン

混合ワクチンを接種することで、犬伝染性肝炎、犬ジステンパー、犬パルボウイルス感染症などの感染症が予防できるようになります。
発症すると命に関わるものもありますので、欠かさず接種させてあげるようにしましょう。
当院では10種混合ワクチン、6種混合ワクチンなどの接種を行っています。

狂犬病ワクチン

狂犬病ワクチンは日本の法律で接種が義務づけられておりますので、必ず受けさせてあげるようにしましょう。
日本では長きにわたり狂犬病の発症報告はありませんが、海外ではまだまだ発症している病気ですので、万が一、国内に侵入してきた場合に備える意味でも大切なワクチン接種となります。

フィラリア予防

フィラリア症とは、蚊に刺されることで心臓や血管に寄生虫が侵入する病気で、最悪の場合、命に関わることもあります。
当院では“月1回の錠剤・紛剤”“月1回のお肉タイプの薬”“1年に1回の注射薬(プロハート12)”の3タイプの予防薬をご用意しております。

猫のワクチン接種
混合ワクチン

混合ワクチンを接種することで、猫ヘルペスウイルス、猫カリシウイルス、猫パルボウイルス感染症の感染症が予防できるようになります。
当院では最も一般的な3種混合ワクチンの接種を行っています。

猫白血病ウイルスワクチン

猫白血病ウイルスの感染予防のためのワクチンです。
猫白血病ウイルスは感染している猫に噛まれたり、なめあったり食器を共有することで感染し、発症するとリンパ腫や貧血など様々な症状が現れます。
家の外に出たり、白血病ウィルス感染のある猫と同居する場合は併せてこのワクチンの接種をお勧めします。

0835-22-4711

お問い合わせ